中小企業がホームページ作成を外注する際の構造的な問題点

Webマーケティング
ぎしたか

この記事を書いた人

Web担当者のいない小規模事業者(中小企業・個人事業主)がホームページ作成(以下、HP制作)を外注する際の構造的な問題点とその解決策を説明していきます。

中小企業がHP制作を外注する際の問題点

中小企業でWeb担当者がいなければ、Web知識のある人材が社内にいないのではないでしょうか。(パソコンが得意というレベルではなく、Webサービスやプログラミング等の専門知識が必要)

そうなると、外注から納品までに様々な問題が発生してしまいます。

外注時の問題点

・最適な外注方法が分からない
・悪徳企業に捕まってしまうこともある
・相場が分からず、必要以上の金額を請求される
・Webデザインの法則等を無視した検討違いな要望を伝えてしまう
・制作会社・制作者のスキルを見極めることができない
・Web制作者の現場を知らず、無理難題を押し付けてしまう
・Webに適さない要望・拘りを持ってしまう
・適切なコミュニケーションがとれず、制作が滞ってしまう

「なんとなく…」で発注した場合、上手くいくこともありますが、それは発注先次第となります。また、成果に繋がるようなホームページが出来上がる確率はかなり低いです。

Web制作者は基本的に「良いサイトを作りたい」と思って作業します。ところが、そこに素人であるクライアントが口出しすることで、何変哲のないサイトになってしまったり、意図せず制作者のモチベーションを下げてしまうことがあります。

報酬は制作者の作業時間に充てられます。つまり、良いサイトを作って欲しければ、良い時間の使い方をしてもらわなければならないわけです。悪い時間の使い方をさせてしまうと、良い成果物が出来上がりません。

この辺を通常のクライアントは理解していないので、満足のいくホームページができず、作ったまま放置して時間も費用も無駄にしてしまっていたりします。

HP制作を外注する際の選択肢

では、どういった業者に依頼するのが良いのでしょうか。

以下のような選択肢があります。

フリーランス

・価格は比較的安い
・レベルや得意なジャンルが様々
・コミュニケーションに不安がある

制作会社

・価格は比較的高い
・悪徳企業も多い
・制作費以外のコストが多分にかかっている

広告代理店

・価格は高い
・代理するだけで、制作には関与しない
・企画・提案に多くのコストがかかる

発注方法

・クラウドソーシング
・コンペティション
・業者検索サイトを利用
・知人からの紹介
・営業担当を経由した発注
・制作会社に直接依頼
・広告代理店に相談
・営業担当に依頼

近年になって外注先の選択肢が増えてきていますが、安易に発注先を決めるのはおすすめしません。

なぜなら、フリーランスも制作会社もピンからキリまで存在し、得意なジャンルや技術レベルに天と地ほど差があるからです。

ところが、専門知識のない方からすると、その違いが分からず「制作会社なんてどこも同じだろう」と思ってしまうのではないでしょうか。

安いから良いわけではないですし、高いから良いわけでもありません。適切な業者に適正価格で依頼するのが大切です。

中間業者の問題点

営業担当や自称Webディレクター、広告代理店といった中間業者に制作を依頼する場合が考えられますが、中間業者も様々な問題を抱えています。

中間業者の問題点

・案件を受注することが目的
・発注者の要望が実現可能かどうか判断できない
・制作には一切関与しない
・制作トラブルに対処できない
・制作者に十分な報酬が支払われない
・制作者と適切なコミュニケーションがとれない
・多数の案件を仲介することで利益を出す

Web業界の中間業者はデザインやプログラミングに関する専門知識や実務スキルのない人がほとんどであり、制作は丸投げされています。

制作費を中抜きしてクライアントの要望を制作者に伝えるだけで、制作については無知であり、負担のほとんどは現場の制作者にのしかかっているのです。

また、十分な制作知識がないため現場に寄り添った提案ができない、クライアントの要望を具体的に伝えることができないといった問題も抱えています。

伝言ゲームのように情報が正確に伝わらず、邪魔者になっているケースも多数存在しています。

特に営業あがりの自称Webディレクターは、案件を受注するのは上手ですが、その後の対応がなおざりになりがちなので要注意です。

彼らは問題が発生した際には、自分では技術的な対処ができないため、クライアントには「担当しているWebデザイナーが…」、Webデザイナーには「先方が…」と2枚舌で交渉を進めます。

Web制作の分かるWebディレクターが理想ですが、実際にそういったWebディレクターは少ないですし、発注者にはそうした内部情報を知ることは困難でもあります。

Web制作者の問題点

技術者であるWeb制作者には発注者と中間業者の負担に耐える必要があります。その過程で生じる問題は非常に深刻です。

Web制作者の問題点

・クライアントの情報が正確に伝わってこない
・フィードバックに時間がかかり制作が滞る
・十分な報酬が支払われない(納品後、支払われないことも...)
・下請けとして無理難題を押し付けられることがある
・制作依頼すると言われたのに、勝手に辞退されることがある
・制作のモチベーションが上がらない
・やりたいことに時間を使えない

このように、制作者は弱い立場で中間業者が負わない負担を抱えています。

何よりも十分な報酬が支払われずに、下請けとして無理難題を押し付けられるため、制作モチベーションが上がらずに制作物のクオリティを維持できないのが問題です。

こうなると発注者の満足度を最大化できないのはもちろん、制作者にとっても満足のいかない制作物を提供しなければならず、消化不良に陥ってしまいます。

制作者が個人で仕事を受注すれば良いのではないかと思うかもしれませんが、営業が得意でない制作者にとっては難しいです。制作とは別に相当な時間とコストがかかってしまうので現実的ではありません。

外注時の諸問題に対する解決策

では、どうすれば発注者の満足度を最大化できるのでしょうか。これには現場の制作者が制作に専念できる環境を整えてあげるのが必要不可欠です。

そのためには、構造上コミュニケーションの邪魔となっている中間業者を極力排除するのが好ましいと考えられます。

また、制作物の品質を担保するには、2人以上の制作者が共同で作業した方が良いです。デザインやコードの技術的な議論をしながら、効率的に仕事を進められるからです。

とはいえ、そうなると発注者にとっては費用面でも負担が大きくなってしまい、なかなか制作を依頼できない状態になってしまいます。これは望ましくありません。

発注代行で制作進行をスムーズに

そこで発注代行をおすすめします。具体的には、私が企画している【Designer's Direct(デザイナーズダイレクト)】というプロジェクトにご参加ください。

デザイナーズダイレクトは、現役のWeb制作者による発注者と制作者とユーザーのためのWebディレクションサービスです。発注から納品まで制作進行をサポートし、関わる全ての人間の満足度を最大化するのが目的です。

具体的なサービスとしては、一律50,000円という価格でWebに疎い方からすると難しい発注者の選定やドメイン・サーバーの取得を代行し、制作者とのコミュニケーションを円滑化していきます。

発注代行にお金を払うのはどうかと思う方かもしれませんが、発注者にも制作者にも大きな利点があります。

発注者のメリット

・相性の良い制作者が見つかる
・技術力の高い制作者に依頼できる
・適正価格での発注
・中間業者を挟むより安く依頼できる
・制作がスムーズに進む
・制作者と直接コミュニケーションがとれる
・質の高い制作物が出来上がる
・ユーザーに満足してもらえる
・制作者とのトラブル仲裁

発注者の利点としては、相性の良い制作者を見つけてより良い制作物を作ることができるのに加えて、面倒な作業を任せられることです。また、制作者との間でトラブルが発生した場合は、第三者の視点からトラブルを仲裁することでリスクを最大限減らすことができます。

Web担当者がいない中小企業にとってHP制作の進行を管理するのは大変ですし、制作者にとっても発注者とのコミュニケーションロスは多大な問題となっています。

制作者とのコミュニケーション問題を解決することで、制作者は制作に専念でき、より良い制作物が出来上がり、発注者と制作者とユーザーの満足度を最大化します。

制作者のメリット

・下請けからの脱却
・適正価格での受注
・発注者と直接コミュニケーションがとれる
・制作がスムーズに進む
・デザインやコーディング方法の議論ができる
・モチベーションが上がる
・継続受注の際も手数料は発生しない
・技術面のサポートもあり

制作者も従来型の下請け構造から脱却することで多数の利点があります。

私は発注者でも制作側の人間でもあるので、制作者の気持ちが分かり、発注者とのコミュニケーションを技術的な観点から円滑に進行することができます。

双方の意図を汲むことで発注者とのコミュニケーションロスを削減し、制作に専念できる環境を構築します。

より具体的なサービス内容については、こちらをご覧ください。

この記事のタイトルとURLをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。

中小企業経営者様へ
デザイナーズダイレクト

現役Web制作者による発注者と制作者とユーザーのためのWebディレクションサービス

無料ダウンロード資料
HPリニューアルの成功法則

ホームページのリニューアルで失敗しないために何をすべきなのか?分かりやすく解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください