【WP】Contact Form7で確認画面を用意して利便性を向上させる

Contact Form7で確認画面を用意

WordPressの代表的な問い合わせプラグインであるContact Form7ですが、通常の仕様では確認画面が表示されません。

確認画面が表示されないと

  • ユーザーが入力間違いに気がつかない
  • 問い合わせ内容の入力途中で送信ボタンを押してしまう

など、ユーザビリティの面で欠点もあります。

そこで今回は、Contact Form7で確認画面を用意して利便性を向上させる方法をまとめておきます。

確認画面を設置する方法

Contact Form 7 add confirm

WordPressでは、「Contact Form 7 add confirm」というプラグインを利用することでContact Form7に簡単にフォームの確認画面を設置することができます。

Contact Form 7 add confirmの使い方

1.「Contact Form 7 add confirm」のインストールし、有効化

管理画面>プラグイン>新規追加から「Contact Form 7 add confirm」を検索するか、公式サイトからファイルを一式ダウンロードしてアップしてください。

2.「Contact Form7」の問い合わせフォームに確認ボタンと戻るボタンを設置する

コンタクトフォーム作成画面にタグの作成画面があるので、そこから「確認ボタン」と「戻って編集ボタン」を追加することができます。

このボタンを通常の送信ボタンの前後に設置することで作業は完了です。

こんな感じ↓↓↓

NETAONEより引用

※「Contact Form 7 add confirm」はContact Form7の公式プラグインではなく、開発者が別の人間だそうです。プラグインの互換性に関しては保証されるものではないので、制作会社の人間が使用する場合はクライアントにその旨を伝えておいた方が良いです。

確認用チェックボックスを設置する方法

確認画面の設置が不安な方は、確認用のチェックボックスを設置するだけでも効果があります。

コンタクトフォームの作成画面から送信ボタンの側に必須入力項目のチェックボックスを入力し、「確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、宜しければチェックを入れてください」などと言葉を添えておきましょう。

これだけで、ユーザーの入力漏れの多くを防ぐことができるはずです。

送信前に入力確認をしてもらうメリット

問い合わせ内容の送信の前に入力確認のステップを入れることによって、問い合わせ情報に入力/送信ミスが見られる企業であれば確実にユーザーのミスを減らすことができます。

また、迷惑メールを防ぐ効果もあり、問い合わせフォームの改善の際には必ず検討したい事案です。

  1. 入力ミスを防ぐことができる
  2. 間違い送信を防ぐことができる
  3. 迷惑メールを防ぐことができる

結果としてユーザビリティが向上し、ユーザーはより快適にWebサイトを閲覧・利用することができます。

参考:NETAONE『Contact Form 7 add confirm - お問い合わせフォームに確認画面を追加できるWordPressプラグイン
参考:BizBektor『意外と知らない !? お問い合わせフォーム「Contact Form 7」をもっと便利に使いこなすための3つのポイント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA