目標設定の本質が逆算思考にあることを知ろう

目標設定の本質を知る

「僕にはでっかい夢がある。それは、世界一の大企業を作って、世界一のお金持ちになること。でも、何から始めればいいのか分からないんだよね。」こんな時は、どうすればいいのか?

例えば、「Googleを超えるIT企業を作りたい。」こういったビジョンを描く人がいたら、どうすればいいのか?これを、「んなのできるわけないじゃん。」というのはなしで、どうすればいいのか考えてみましょう。

ビジョンを実現する際には、もちろん「ビジョンの細分化」、つまりビジョンを達成するために何が必要なのかを考えて逆算してステップ別ににわけ、現在の活動に当てはめることが大切です。

小学生がサッカーの日本代表になりたいのであれば、

「日本代表になるには、Jリーグでトップレベルの選手になる必要がある。そのためには、Jリーグでスタメンにならなきゃ。とその前に、そもそもプロサッカー選手になっていないとね。だから、高校の卒業と同時にプロサッカー選手になるか、高校の選手権かユースの天皇杯で好成績を残そう。(大学に進学するにしても高校でも結果を残さないと厳しい。)高校で結果を出すに、高校はサッカーの強豪校に入るかユースのセレクションを受けてユース入り、ハイレベルな環境に身をおこう。その前にまず中学では、高校のスカウトの目に留まるように有名な大会で猛アピールしていきたい。中学ではサッカーのテクニックを人一倍磨いて、チームの中心となって活躍しよう。そのためにも小学生のうちに中学生レベルのプレーができるようになりたいから、今は中学生と一緒にサッカーの練習ができる環境に身をおいて、練習試合で毎回点を決めれるようになろう。」

と、(長くなりましたが、)こういった感じでビジョンから逆算して、現在の活動に当てはめていくわけですね。

(逆算思考は人生設計をする際に欠かせない思考法です。求める結果を出すまでのプロセスはいくらでもあるので、逆算思考力の高い人ほどより良い結果を出せる確率は高いです。)

ただあまりにも大きなビジョンの場合はそれができないんです。あまりにも大きいというか、常軌を逸している的なものだとリアルな想像ができない。「人間が想像できるものは、人が必ず実現できる。」とは良く言いますが、頭の中がもやもやとしてるビジョンは実現させることができないんですね。

では、どうすればGoogleを超える企業をイメージできるのか?

残念ながら、今の僕にはできません。なぜなら、Googleを超える「成功ストーリー」が作れないから。つまり、シンプルに「どうすればいいのか分からないから」です。

人は分からないことを意識的に実現することはできません。正確には「こうすればもしかしたら上手くいくかも。」という博打で行動していくことはできますが、それだけでの実現は難しいでしょう。サッカー日本代表になるのに、ただボールを蹴っているだけでなれるわけはないですよね。

でも、分からないことを分かることなら簡単にできるはず。サッカーの例も同じです。(もちろん、実現するには行動は持続的にし続けなかればなりませんが...)

とすると、「Googleを超えるIT企業を作りたい。」と言っている人が、そのような途方もないビジョンを達成するために今何をすればいいのかは容易に想像できると思います。

単純に分かるようにすればいいわけですから、「情報を集めていけばいいわけです。」

その情報の集め方は、

  • 本を読む
  • インターネットを使う
  • 分かる人に聞く

と、現代人なら今すぐ行動できることですよね。情報を知れば知るほど、知らないことが分かります。そして、知らなければならないことが見えてきます。そして、やらなければならないことが分かってきます。

なので、もし実現の仕方の分からないビジョンを達成したいのであれば、まずは

「ビジョンを達成するための方法を調べる。」

ここに行き着きます。崖のような目標に、知識で階段を作って、その階段を上っていくイメージです。どうすればいいのか分からないから調べてみることは、考えてみれば「サッカーの試合はサッカーボールを使う」ってことくらい当たり前ですよね。

本質的に考えてみれば、大切なことはとてもシンプルです。「分からないなら、分かるように努力すること。そして、分かったら実現させる。」これだけ。ぜひ、あなたが今複雑に考えていることもシンプルにできないか考えてみてください。

まとめ

今回の記事をまとめると、

  • 途方もないビジョンを実現するためには、その方法を調べてみて欲しい。
  • 複雑なことをシンプルにできないか考えてみて欲しい。

ただ、これだけ。つらつらと長い文章を書いてるけど、伝えたいことはこんなにも短い。世の中こんなもんだと思う。あまり難しく考えないで生きていこう。

p.s.

ビジョンを達成するためにはまず分からないことを知ることが大切なのかもしれません。

「分からないことを知る力」

なんか、本のタイトルにありそうですね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA