仮想通貨

Re:2018年から始めるWeb屋の仮想通貨投資戦略はこれだ!!

2018年から始めるWeb屋の仮想通貨投資戦略

私は2017年の中頃に仮想通貨を始めたものの、途中で狼狽売り(損失が怖くなって売ってしまうこと)するなど、失敗してしまいました。

ですが、2018年は最小限の失敗で仮想通貨投資に挑戦してみたいと思いましたので、今回は私の戦略をまとめてみました。

(狼狽売りはしてしまいましたが、いくらかの利益は出ました。それに少し色をつけて分散しながら投資してる感じです。)

Web屋の投資戦略はこれだ!

私の基本的な投資戦略は、『少額分散ガチホ(長期保有)継続投資』です。そのままの意味ですが、少し解説します。

*最大限の利益を出すのが目的ではなく、ローリスクで最大限楽しむことを目的としています。

  • 少額投資:なくなっても良い金額を投資する
    →リスクを最小限に抑えることができる
  • 分散投資:気になった銘柄をたくさん購入する(主要コイン・注目コイン・草コインで分類)
    →どれか一つが100倍になれば、他全てが無に帰しても元手は回収できる
    →投資しておけばよかったという後悔をしなくて済む
    →銘柄選びなど、純粋に楽しい
  • ガチホ(長期保有):買ったら2020年まではなるべく売らない
    →結果的に高い利益を得ることができるはず
    →日々の暴落・暴騰に左右されない
  • 継続投資
    →収入の一部を気になっている仮想通貨に追加していく

仮想通貨投資で生活するつもりはないので、なくなっても良い資金でガチホする戦略です。毎日のように新しい情報が出回る中で、それらを追っていくのは面倒ですよね。

とはいえ仮想通貨市場が成長していった場合の利益は享受したいし、どんな社会になっていくか楽しく見守りたい。そう考えたらこのようになりました。

*利益を重視するのであれば、有望な銘柄に絞るのが良いと思います。目的によって最適な投資先・投資方法は変わってくるので、自身のしたいことと資金の折り合いをつけていくことが大切です。

私が購入した銘柄についてはこちらに全てまとめています。
[kanren postid=”1688″]

試験運用もしてみる

時間があったら仮想通貨FXでの短期トレードなども挑戦して、MT4・MT5を活用した自動売買ではどのような結果になるかなど、検証していこうと思っています。

なぜバブルの最中で仮想通貨に投資をするのか?

仮想通貨バブルだと言われていて、実際に何度も暴落が起きています。それでも、仮想通貨に投資したいと考える理由があるので、まとめておきました。

迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

[kanren postid=”1691″]

仮想通貨投資をする際の自分ルール

投資は相場状況における自分との戦いです。状況は常に変化に、何が正しいのかもその都度変わります。

「ここは買いなのか?」「もう諦めて売ってしまうべきなのか?」こうした心の声に惑わされないためにも、自分ルールを作ることが大切らしいので、私なりのルールを記述しておきました。

*守れないことも多々あるけど、気にしない。

利益を出すこと×仮想通貨の将来を楽しむこと

もちろん利益が出るのに越したことはないのですが、稼ぐ目的で投資すると「今いくら稼げたのか?」「現在の損失はいくらか?」を気になってしまいます。

仮想通貨に投資するのは、単に稼ぐためではなく、仮想通貨やブロックチェーン技術の描く未来に期待しているからです。

目先のお金にとらわれて一喜一憂しないためにも、初心を忘れずにいたいと思っています。

直近で爆上げした仮想通貨は買わない

例えば、ここ秀週間・数ヶ月で価格が10倍・100倍になったような銘柄を購入することはしません。

なぜなら、ちょっと前に購入した人は100万円が1000万円・1億円になっているわけで、あなたが同程度のコインを保有するには1000万円以上を投資しなければならず、悲しいですよね。

しかも、古参で利益が出ている投資家たちの利確売りが発生して暴落する可能性も高く、例え成長が期待されていたとしても危険が多いです。

暴落して停滞している仮想通貨を狙う

暴落して価格が数分の1になったものの、底値が安定している仮想通貨は再度値上がりする可能性が高いです。

実態を調べてみて将来性がありそうでしたら、買ってみるのも良いかもしれません。

爆上げ銘柄であっても、価格が落ち着いてきたら、さらなる上昇が期待できます。

暴落したタイミングで購入する

仮想通貨市場は今後も成長していくと考えるならば、一時的に暴落したとしても価格が上昇していく可能性が高いです。

もし仮想通貨の未来に期待しているのであれば、暴落時は仮想通貨のバーゲンセールだと思って、狼狽売りに走るのではなく買い増していく覚悟が必要です。

これは余剰資金を用意しておかないと難しい。

取引所が少ない仮想通貨を購入する

特定の取引所でしか購入できない銘柄は、流入する資金が限られています。マイナーな取引所では、1時間に1BTC以下しか取引されていない仮想通貨も多数あります。

有望な銘柄であれば取引所が増えることで資金が爆発的に流入し、大きな価格上昇が見込めるのが分かりますね。

マイナーな取引所への登録は面倒ですが、取り扱っている取引所が少ない仮想通貨は狙い目です。

なくなっても良い資金で投資する

本当にゼロになったら流石に悲しいのですが、最悪ゼロになっても精神的に持ちこたえられる金額を投資すべきです。

そうすれば、暴騰や暴落が起きて資産が10倍・10分の1になっても落ち着いていられます。まだまだ伸びるのに利確してしまったり、反発するのに狼狽売りをするのは勿体ないです。

投資した金額はドブに捨てたも同然だという思いで臨んでいます。

買わない後悔ではなく、買った後悔を

気になった仮想通貨を買わずに放置したものの、急激に値上がりすると「あの時買っておけばよかった」という後悔が生まれます。ですが、少しでも買っておけば、利益が出た上で「もっと買っておけばよかった(買って正解だった)」という勝者の後悔に変わります。

値上がり後の購入した場合、過去に買えたはずの数倍・数十倍の価格が請求されてしまいます。これではさらに手が出せずに、価格がさらなる上昇をしていく可能性もあります。

逆に、購入したものの暴落してしまった場合、「被害が少額で済んで良かった」「せっかくだから買い増そうかな」といった余裕が生まれます。

よって、少額でも良いので気になった仮想通貨はなるべく買っておけば、爆発的な利益は見込めませんが、どう転んでも後悔することがありません。

まとめ

自分が決めたやり方で投資をする

情報収集は大切だと思いますが、誰かの意見を鵜呑みにするのではなく、自分の意思で投資することが大事です。

投資はハイリスク・ハイリターンであり、自己責任です。

  • 私は数億円儲かった
  • 絶対に稼げるから
  • この銘柄は絶対に上がる

こうした誘惑に騙されずに、自分が責任を持って後悔しない形で始めましょう。

誰かの責任にしたところで何も生まれませんから。

ABOUT ME
ぎしたか
ぎしたか
埼玉県在住フリーランス|Webデザイナー・フロントエンジニア・仮想通貨/FXライター|2019年の目標→エンジニア転向|Webサイトを作ったり記事を書いています。今も紙の本が好きです。(`・ω・´) 詳しいプロフィールはこちら