1円以下の仮想通貨がある!?取引の最小取引金額はいくらなの?

1円以下の仮想通貨がある!?取引金額の最小取引金額はいくらなの?

どうも、ぎしたか(@mrgishi)です。

マイナーな取引所で取り扱っている仮想通貨を見てみると、1コイン1円以下の銘柄が多数存在することが分かります。

小数点2桁までなら銭(せん)で数えることができますが、それ以下になることもしばしば。

では、仮想通貨の価格における最小単位はどの程度なのか?調べてみました!

仮想通貨取引で使用される通貨とその価格

仮想通貨の取引所で使用できる仮想通貨は、主にビットコインです。

しかし、それでは最小単位である0.00000001BTC以下の通貨が取引できないので、他の通貨でも取引できるようになっています。

イーサリアムやライトコインなども使えたりしますが、中でもドージコインが特徴的なので、今回はビットコインとドージコインで考えていきます。

仮想通貨取引における通貨の価格を円換算してみる

基本となる通貨はこのような価格になります。

  • ビットコイン(BTC)|1BTC=1,000,000円
  • サトシ(satoshi)|1satoshi=0.00000001BTC=0.01円
  • DOGE(DOGE)|1DOGE=50satoshi~100satoshi=0.5~1.0円(最近はこれくらい)
  • DOGEの最小表示単位|0.00000001DOGE=0.000000005円~0.00000001円

*価格は変動しますが、2018年初頭は大体この程度の価格
*取引時の最小表示単位は0.00000001DOGEとなります。

最も安く取引される通貨の価格帯

ネタ通貨として話題となったStrongHandsという仮想通貨の最安値は1円を大きく割っていました。

  • StrongHands(SHND)|1SHND=0.00000800DOGE=0.00000800円

*価格は2017/12の大まかな最安値

計算上は、1円で1万SHNDを購入できたわけです。
*実際は底で買うのは難しいですし、売り注文がないと買えませんが…

執筆時の価格を見てみると、以下の価格でした。

  • 2018/1/10|1SHND=0.00052750DOGE

2017/12から100倍以上になってますね。

*因みに、StrongHandsは通貨自体に価値はなく、何枚持っているかを楽しむゲームのようなものです。

仮想通貨の銘柄は1,000以上存在し、1コイン1円以下の仮想通貨も多数存在します。

とはいえ、日本の取引所ではそうしたコインを取り扱っていません。現在では、安くて1コイン50円程度のNEMがあるくらいです。

1コイン1円以下の仮想通貨はどこで買えるの?

マイナーな仮想通貨を取り扱っている海外の有名な取引所がいくつかあります。気になった方もいると思いますので、紹介しておきます。

日本の仮想通貨取引所では、多くても20銘柄くらいしか取り扱っていませんが、海外のマイナーな取引所では500種類以上も取り扱っていたりします。

有名どころでは、CoinExchangeHitBTCCryptopiaなどがあります。

それぞれかなりの量の銘柄を取り扱っているので、チェックしてみることをおすすめします。

私の購入した草コインについては、こちらで紹介しています。

2018年、おすすめの仮想通貨とその理由を全部公開する

2018.02.01

海外の草コイン取引所についてはこちらの記事にまとめました。

【決定版】草コインに特化したおすすめ仮想通貨取引所ランキング

2018.02.10

*最近の仮想通貨ブームでこうした取引所は、新規会員登録の規制をしがちです。できたら登録だけでもしておいた方が良いです。

番外編: Binance(バイナンス)

バイナンスはマイナーな仮想通貨がメジャーに名乗り出るための登竜門と言っても過言ではありません。ここに上場すると一気に値上がりすることから、上場前に有望な銘柄を購入しておこうと、上記のような取引所を使うユーザーがたくさんいます。

有名な取引所なので1コイン1円以下のものはありませんが、日本の取引所では買えない今後も有望な優良通貨が目白押しです。

手数料が安いなど、今のところ世界一の取引所といっても過言ではないので、登録しておいた方が良いです。

その他の大手海外取引所については、日本の取引所と一緒にこちらの記事にまとめてあります。

【完全版】国内・海外のおすすめ仮想通貨取引所ランキングを解説

2018.01.04

バイナンスの公式サイトはこちら。

注意点

マイナー通貨を取り扱っている取引所は、規制などでいつ閉鎖になるか分かりません。なので、購入した通貨はできれば専用のウォレットで保管しておくなどしておいた方が良かったりします。

それと、必ず余剰資金で取引するようにしましょう。あと、登録の際は2段階認証を忘れずに。

まとめ

1円にも満たないような激安の仮想通貨銘柄を購入するのは、仮想通貨投資の醍醐味の一つになりつつあります。

時に1万円が1億円に化けることもあり、宝くじ感覚で買ってみるのも良いかもしれません。

ただし、生活に支障が出るレベルでお金を投資することのないよう気をつけてください。

初心者におすすめ!国内仮想通貨取引所TOP3

ビットコインやアルトコインをどこで買えば良いか分からない。そんな初心者の方は、まずは以下の取引所を利用するのがおすすめです。(海外取引所を使うためにも国内取引所の解説が必要だったりします。) ※取引所は様々なリスクを分散するためにも、複数登録を推奨します。

1.bitflyer(ビットフライヤー)

bitflyer
おすすめ度 ★★★★
ビットフライヤーは国内最大の取引所です。ビットコインの販売所価格や送金手数料がbitbankやZaifと比べて若干安いため、ビットコインを中心とした取引がしたい、海外取引所やICO購入時の送金用に使用するのに便利。

2.Zaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)
おすすめ度 ★★★★
ザイフは手数料が格安でここでしか取り扱っていない銘柄が豊富な取引所であり、サイト自体も無駄が少なく使いやすいので、初心者でも始めやすいです。積立投資がおすすめ。

3.bitbank(ビットバンク)

bitbank(ビットバンク)
おすすめ度 ★★★
ビットバンクは手数料が比較的安く、サイト自体も使いやすいです。リップル(XRP)を中心とした主要アルトコインを購入できるのですが、コインチェック問題後に人気が急上昇してきました。

本格派におすすめ!海外仮想通貨取引所TOP3

日本の取引所は規制が厳しく、購入できる仮想通貨が限られています。世界基準で仮想通貨を始めたいなら、以下の取引所がおすすめです。国内取引所よりも圧倒的に手数料が安く銘柄が豊富なのが特徴。海外取引所を利用すると全然違った景色が見えてきます。

1.Binance(バイナンス)

Binance(バイナンス)
おすすめ度 ★★★★★
海外取引所と言えばバイナンスです。海外取引所の中でも手数料が安く、銘柄が豊富であり、世界で最も人気で活発な仮想通貨取引所となっています。

2.Kucoin(クーコイン)

Kucoin(クーコイン)
おすすめ度 ★★★★
クーコインは、バイナンスを追い抜く勢いでユーザーが増加している取引所です。今後1,000銘柄以上の仮想通貨を取り扱う予定みたいなので、登録しておくことをおすすめします。

3.Kraken(クラーケン)

Kraken(クラーケン)
おすすめ度 ★★★★★
世界有数のセキュリティを誇るのがクラーケンです。取り扱い銘柄は少ないですが、レバレッジ取引もできて優秀な取引所。

草コイン専用のおすすめ仮想通貨取引所TOP3

少額から大きな利益を狙いたい方は草コインを購入したくなるはず。そんな方は以下の取引所がおすすめです。

1.Hitbtc

Hitbtc
おすすめ度 ★★★★★
ICO直後に上場する仮想通貨が多いことで有名なのがHitbtcであり、仮想通貨の登竜門的な存在です。ここへの上場を皮切りに市場価格が決まり、バイナンス等の様々な取引所に上場を果たしていくことで価格が高騰していくのが王道パターン。

2.CoinExchange(コインエクスチェンジ)

CoinExchange(コインエクスチェンジ)
おすすめ度 ★★★★
草コインを探していると間違いなく行き着くのがコインエクスチェンジです。500種類近くの仮想通貨を取り扱っていて選びたい放題。中には短期間で100倍以上の値をつける通貨もあることから、草コイナーに人気の取引所。

3.Cryptopia(クリプトピア)

Cryptopia(クリプトピア)
おすすめ度 ★★★★
クリプトピアは恐らく世界で最も取り扱い通貨が多い取引所ではあるものの、セキュリティ等に不安があります。とはいえ、Hitbtc、コインエクスチェンジと並び、3大草コイン取引所として名を馳せています。
この記事のタイトルとURLをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA