仮想通貨

【重要】2018年、仮想通貨はバブルではない。その理由は…

【重要】2018年、仮想通貨はバブルではない。その理由は…

仮想通貨について、どのような認識を持っているでしょうか?

バブル市場と言われているので投機的なユーザーで盛り上がっていますが、冷静に現在の市場と将来について考えてみたいと思います。

個人的に重要だと感じた事案をまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

*反論意見も多数言えます。私は「バブルである派」なので、どちらの意見も踏まえた上で判断してみてください。

仮想通貨は社会に浸透していくか?

この問いに関しては、多くの方が「YES」ではないかと思います。

なぜなら、金銭を持ち歩いていちいち提示された金額以上の通貨を支払うのは面倒ですし、クレジットカードを利用する場合でもサインをしなければなりません(店側としてもクレジット会社に手数料がとられてしまいます)。電子マネーは便利なものの、一部の地域・店舗でしか通用しません。

仮想通貨で取引できるようになれば、手数料ほぼゼロで決済・管理をすることが可能になります。

しかも、各国の通貨に両替する必要もなく、世界中の人が共通の通貨を使用でき、利便性が格段に向上します。(複数の仮想通貨に対応した決済ができるシステムが使用されると思います。)

企業間取引についても、グローバルな展開がしやすくなるのはもちろん、イーサリアムなどのスマートコントラクトで取引の信頼性が担保されますし、融資を受けることも容易になります。ICOで資金集めもできます。

*ビットコインが流行るというのではなく、仮想通貨が世の中に浸透していくかという話

仮想通貨ユーザーはたったの1%

2018年初頭、仮想通貨の保有者は世界人口の1%程度だと言われています。また、実際にそれで買い物をしている人はさらに少ないでしょう。

では、今後どの程度の人々が仮想通貨を使用するようになるのか考えてみると、インターネットの普及率と同程度まの水準まで上昇するのではないかと思います。

なぜなら、インターネット上で利用するサービスは国境関係なく存在し、各国の通貨で決済する際は手数料がかかります。仮想通貨の方が便利で安いなら、そちらを利用するのが自然な流れです。

インターネット端末を持っていれば、仮想通貨のウォレットが当たり前のように入っていて、世界中のモノやサービスを購入・交換できるようになるでしょう。

仮想通貨市場はまだまだ小さい

2018年初頭の仮想通貨市場はだいたい50~90兆円程度でしたが、日本のGDPは500兆円、アメリカは2,000兆円を超えています。また、世界の株式時価総額は7,000兆円、世界の資金はデリバティブを含めると20京円あるらしいです。

こう見ると、仮想通貨市場はまだまだ小さいです。仮想通貨市場は株式やデリバティブの要素を持っていますから、7,000兆円・1京円を超える市場規模となっても何らおかしくありません。

お金のある人ほど仮想通貨を好む

仕事や旅行で海外に行った際に、お金のやり取りはとても面倒です。(それが楽しみの一つではあるのですが…)

両替ではぼったくられるし、クレジット決済ではカード会社の定めたレートで取引されるため、割高になります。また、カード決済を導入しているのは、きちんとした店舗だけであり庶民派な店では貨幣取引が一般的です。

もし全てが仮想通貨で取引できるようになったら、スマホ一つでさくっと決済してしまえます。

世界を股にかける人からすると、いちいち現地の通貨に両替する手間も省けて利便性が増します。

*将来的には体に埋め込むタイプまたはアクセサリー端末が普及していくと思われます。

仮想通貨は通貨として流通する

貨幣の価値は社会の共通認識によって決まりますが、これは仮想通貨でも成立します。世界的に普及してなくとも、時価総額÷発行枚数で価値が分かりますし、MUFGコインのような1コイン1円のステーブルコインも存在しています。

既に仮想通貨を保有している人は多数いるため、決済システムが整備されれば急速に普及していくでしょう。ビットコインで支払いのできる店舗が増えてきているなど、現在進行形でプロジェクトが進んでいます。

面倒なカード発行手続きのあるクレジットカード決済ですら世界的に浸透しているわけですから、仮想通貨はそれ以上に流通するのは間違いないでしょう。

2020年が本当のバブルになるかも

現在日本で流通している通貨は、円であり、これは独自のものです。東京オリンピックが開催される2020年、仮想通貨があるにも関わらず、世界中から来る外国人はいちいち両替することを好むでしょうか?

どう考えても仮想通貨を利用した方が便利であり、2020年は十分実用化が進んでいると思いますので、世界中の人々が仮想通貨を利用することになる可能性が高いです。

さらにそれは間違いなく世界中のメディアで発信され、世界中の人々は「仮想通貨はこんなに便利だったのか。」と再認識することでしょう。

そこから先は容易に想像できますね。

インターネットにアップロードした通貨をリアル口座に戻すか?

仮想通貨の一つの特徴は、「通貨のインターネット化」です。これまでも、オンラインバンクなど、インターネット上で口座の管理はできていました。しかし、結局は手持ちのお金を数値化していただけであり、それは国内でしか通用しません。

ですが、仮想通貨は新たな通貨であり、自国の通貨を預金して管理するのとはわけが違います。世界中の様々な場所で送金・決済が可能になるのです。

そんな通貨を不便な状態に戻すかを考えると、それはどうしても必要な時にだけだと思います。代替可能なら、便利な方を選択するのが当たり前ですよね。

仮想通貨の技術自体は昔からありますが、これはビデオデッキからDVDへ移行するような破壊的イノベーションであり、貨幣→仮想通貨への移行は不可逆的な事象です。

現在はまだ法定通貨の方が使われているので気づきづらいですが、あと数年でキャズムを超えて一般化し、その逆を辿ることはないでしょう。

バブルが崩壊したとしても、仮想通貨が普及しない理由にはならない

近年、仮想通貨バブルだと言われますが、バブル相場が崩壊したとしても仮想通貨自体はなくなりません。

取引所などの閉鎖はあるかもしれませんが、世界で取引を禁止するのは不可能に近いです(どこか一つの国で法律上問題ないなら、そこに取引所を作れば良いだけ)。

ドットコムバブルが崩壊した後もインターネット市場は急速に成長していきました。確かに期待先行な部分はありますが、長期的に考えれば今よりも遥かに大きな市場となるでしょう。

生き残るのは少数の仮想通貨だけという誤り

ブロックチェーン技術はあらゆる産業構造を変革する可能性を秘めています。

例えば、長期賃貸物件に特化して契約業務全般をブロックチェーンで済ませるプロジェクト(Rentberry)が着々と進んでいたりします。これにより世界中の誰でも長期賃貸契約が瞬時に行われるようになります。

その他にも医療データをブロックチェーンで管理したり、ゲーム内通貨と仮想通貨を結びつけるプロジェクトなど、様々な変革が行われています。

業界標準となったら、その業界においては一人勝ち状態になるかもしれませんが、全体としては多様な仮想通貨が生き残っていくはずです。

まとめ

これらの要素を考えると、仮想通貨市場は今後も成長していくと考えられます。

不安要素としてハッキング被害などありますが、それは銀行に預けていても同じです。

ブロックチェーン技術自体は分散処理によってハッキングに遭う可能性はほぼゼロ。被害が出るのは仮想通貨取引所やパソコンのハッキング、または内部の人間による操作です。

何十兆とお金が動いているマーケットですから、これらの課題は順次解決されるでしょう。

仮想通貨に全貯金を入れるのは怖い面もありますが、市場成長を考えた際には投資するのは間違っていないのではないかと思います。

*この記事は少しずつ更新していこうと思っています。

ABOUT ME
ぎしたか
ぎしたか
埼玉県在住フリーランス|Webデザイナー・フロントエンジニア・仮想通貨/FXライター|2019年の目標→エンジニア転向|Webサイトを作ったり記事を書いています。今も紙の本が好きです。(`・ω・´) 詳しいプロフィールはこちら