デザインとは?改めて定義や目的について考えてみた

デザイン,デザインとは,目的

デザインという言葉は日常で幅広く使われており、「デザインとはこれだ!」的な世界中の人が納得するような定義は残念ながら存在しません。

ただ今回は、「一般的に言われているデザインとは何なのか?」に的を絞って、デザインとは何なのかを紐解いていこうと思います。

デザインとは?

ネット上で調べてみると以下のような定義が見つかりました。

『作ろうとするものの形態について、機能や生産工程などを考えて構想すること。意匠。設計。図案。「自分で―した服」』大辞林

『デザインとは、作品または製品の美的効果や機能などを考慮して、形態を構想すること。』集英社国語辞典

『デザインは日本語では「設計」にもあたり、「形態」や「意匠」と訳されてきたが、それだけに限らず、人間の行為(その多くは目的を持つ)をより良いかたちで適えるための「計画」も意味する。人間が作り出すものは特定の目的を持ち、それに適うようデザイナー(設計者)の手によって計画されるのである。』Wikipedia

共通項を考えてみると、デザインは機能や形態を設計・構想・計画していくということになります。デザイナーというと"絵を描く人”というイメージが強いと思いますが、決してそういうわけではないのが分かりますね。

デザイナーは、商業・プロダクト・工芸・建築・ファッションなど、様々な分野で活躍しており、それぞれが何かしらの目的を持って”あるメッセージ”を効果的に届けるための構想を行っています。パッケージデザイン一つとっても、そこには商品コンセプトに合ったモノになっていたり、一目で商品の特徴が分かるように設計されているわけです。

当たり前ですが、センスの良い人達がその感性に従って適当に作っているわけではないのです。

デザインの語源

『デザインの語源はデッサン(dessin)と同じく、“計画を記号に表す”という意味のラテン語designareである。つまりデザインとは、ある問題を解決するために思考・概念の組み立てを行い、それを様々な媒体に応じて表現することと解される。』Wikipedia

当ブログの名前は、ここで紹介されている「デッサン」という言葉からとりました。デザインというものを本質的に理解し、様々な問題解決に取り組んでいきたいという想いを込めています。

この語源を読んでみると、デザインというのは専門的な職業人に必要なものではなく、すべての人に関わり合いのある概念であることが分かります。

デザインの目的

デザインの目的は、「アイデアやメッセージを形にして効果的に伝えること」です。

広告なら商品やサービスのイメージ・ファッションなら可愛らしさ・建築なら暮らしやすさなど...。もし伝える対象が一人であれば電話で直接話せば良いですが、何千・何万の人へメッセージを伝える場合はそうはいきません。

情報過多の社会では必要以上に情報が溢れてしまっているため、人の視線を集めることなど、効果的にイメージを伝えるデザインが求められます。

例えば、広告デザインにおいて、メディアに情報を掲載してメッセージを伝達することは、非常に有効的な手段です。新聞、ラジオ、テレビ、雑誌、ポスター、Webサイトなどに掲載すれば必ず人の目に留まってメッセージを受け取ってもらえるわけではないので、デザインの必要性が生じます。

多くのデザインの目標は、人に覚えてもらうか何かしらの行動をとってもらうことだったりしますが、そういった際には「単に情報を伝える」のではなく「人の心を動かすイメージで訴えかける」ことが大切です。

そのため、必然的に絵や写真などのビジュアルで表現することが多くなってきます。

デザインのセンスってどうすれば身につくの?

デザインのセンスは誰しもが身につけたいものだと思いますが、「○○すればあなたのデザインセンスが今すぐ飛躍的に向上します。」といったようなものはないです。

デザインセンスは簡単に身につけられるものではないし、そもそもファッションの好みが違うように何が正しいのかという答えも存在しません。

なので、自分なりの「人の心に届くデザイン」とは何なのかを確立していく必要があります。

ここでは、自分のスタイルを確立するためにぜひとも身につけたい二つの習慣を紹介します。

気に入ったデザインをたくさん集めよう

「あ、これいいな。」と心を揺さぶられるようなデザインをとにかくためてみましょう。プロダクトやチラシやポスター、ネット上にあるデザイン画像などでも良いと思います。そして、そこに使われているテクニックなどをとにかく盗みましょう。

僕の知り合いのデザイナーは毎日仕事から帰っても何かしらのデザインにとりかかり、週1で街のデザインを集めることを日課にしてたり、デザインやアートの展示にもたくさん通っています。だからなのか、めちゃ感性豊かです。(また、左利きなのが羨ましい。)

優れたデザインを毎日観察しよう

自分が心引かれたデザインはもちろん、世間を賑わせた広告をできれば毎日観察し、優れたどこが優れているのか?をじっくり考えてみることも大切です。

このようにデザインを知ることで、あなたの中にある「デザインとは何ぞや?」という疑問を追求し、感性を高めていくことこそ、デザインスキルを高めていくためにできる唯一のことです。

まとめ

『デザインは、絵を上手に描くこと。』

そうではありません。絵を描くことはアイデアを表現するための手段であり、デザインの本質はその内側にあります。

デザインにもトレンドは存在しますが、トレンドに乗っかっているから”良いデザイン”であるということはありえないように、デザインに簡単な答えはありません。

街中にも数えきれないほどのデザインされた情報が存在しているので、その中にある素晴らしいデザインを参考にしていきましょう。

p.s.デザインは問題解決!?

広義として「デザインすることは、問題解決を行うことである。」という側面もあります。このことから、様々な要素が絡んだ複雑な問題に対して、情報を収集・整理し、既存の枠組みを超えて革新的な解決策を導き出す思考法を「デザイン思考」と言います。デザイン思考の考え方は、職業としてのデザイナーに関わらず全ての人に関わりのあるものです。ぜひ深く追求してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA