こんなのは嫌だ!残念なホームページの6つの特徴と対策

Webマーケティング こんなのは嫌だ!残念なホームページの6つの特徴と対策
ぎしたか

この記事を書いた人

仕事上、様々なホームページを見ていると「残念なホームページだな」とか「すごく勿体ないな」と思うことがあります。残念なホームページというのは、

  • これではホームページを作った意味がない
  • どの情報がどこにあるのか分かりづらい
  • ホームページが企業イメージを悪くしている
  • あと少し良くすれば、上手くいきそうなのに

と感じてしまうようなホームページのことなのですが、あなたのホームページは大丈夫でしょうか? 残念なホームページの特徴を知ることで、そうならないための対策を考えてみましょう。

1.見た目は良いが、成果に繋がっていない

制作主体のホームページの制作会社に依頼すると、「見た目は良い感じのホームページを作ったは良いものの、成果が出ていない」ことが良くあります。見た目は良くても、売上に繋げる戦略が全然なく、ホームページへのアクセスも仕事の受注もないなどです。

これはコンテンツの質やサイト全体の導線設計などでだいたい分かります。成果に繋がっていないだろうホームページは訪れるとすぐに疲れてしまったりします。

対策

ホームページを制作する際には見栄えを意識してしまうがちですが、企業として大事なのは「ホームページを使ってどう事業の発展に役立てるか」です。デザインが良くても成果が上がらないホームページは意味がありません。

重要度は【見た目<成果に繋げる戦略】であることを覚えておきましょう。でなければ、制作にかけたコストが無駄になってしまいます。

2.検索しても出て来ない

企業名や企業に関係するキーワードをYahoo!やGoogleなどの検索エンジンで調べても、その企業のホームページが検索結果に出て来ないことがあります。

あなたの会社に興味があって調べたのに検索結果に欲しい情報がなければ、ユーザーは興味をなくしてしまいます。もしかしたら仕事に繋がっていた案件も、知らぬ間に消え去ってしまっているわけです。これは明らかに機会損失に繋がっています。

今では多くの人が購買行動に移る前に口コミサイトやホームページを検索して、価値を見定めようとしています。なので、価値はあるのに魅力が届かない/伝わらないホームページだと非常に勿体無いのです。

対策

ホームページを制作した際にはSEO対策(検索エンジン最適化)を行うことが必須です。SEO対策とは、Yahoo!やGoogleのような検索エンジンでキーワードを入力した際に、検索結果に表示させるための施策のことです。

検索エンジンの検索結果に、ホームページが表示されるようになればアクセスが自然と集まるようになります。

以前はSEO対策は制作会社のオプションで追加費用が発生していましたが、最近では最低限のSEO対策を標準でやってくれる制作会社が多いです。

ホームページに詳しくない方からすると難しく思われるかもしれませんが、基本的なSEO対策は簡単にできます。まだでしたら必ずやっておきましょう。

3.アクセスが全然ない

ホームページは、作ればアクセスが集まるものではありません。どんなに素敵なホームページであろうと、アクセスのないホームページは存在していないのと同じです。

アクセスは、ホームページで成果を出すためには大前提としてなければならないものです。

対策

ホームページを制作する際に、企画/設計の段階で必ず「どのようにしてアクセスを集め、仕事の受注に繋げていくのか」という戦略を構築することです。

アクセスを集める方法はSEO対策だけではありません。

ソーシャルメディアを活用してバズを狙ったアクセスアップを行う。対面で知り合った関係者にホームページへのアクセスを促すなど…。

それぞれの企業に合ったアクセスアップの方法があるので、ホームページの制作だけではなく運用の施策まで考えてくれる制作会社に仕事を依頼するのも一つの手です。

4.スマホ対応していない

スマートフォンでホームページを開いた時に、パソコンで見たときのようなレイアウトで見づらい/読みづらいと感じたことはないでしょうか。

スマホに最適化されていないホームページは、ユーザーにとっては使い勝手が悪いので、嫌がられます。また、検索エンジンにも嫌われます。

そうなるとせっかくホームページに訪れたユーザーがすぐに離脱してしまい、別のホームページに移動してしまいます。アクセスがあるのに、スマホに対応しているかどうかだけで内容の善し悪しを判断されていまうという、勿体ないことをしてしまっているのです。

対策

Googleは「スマホ対応してしない(スマホでもホームページが見やすいよう設定されていない)ホームページは検索結果に上位表示されにくくする」ということを公式に発表しています。

つまり、スマートフォンの普及によってスマホからインターネットを利用する人が増えましたが、パソコン用のホームページは文字が小さかったりして見づらいのでスマホにはスマホに合ったホームページを制作すべきだということです。

スマホに対応したホームページを作る方法は2つあります。1つは、パソコンで見たときとスマホで見たときで画面の表示を切り替える。2つ目は、レスポンシブ・デザインといって、画面の幅によってレイアウトを切り替え、表示を常に最適化する方法です。

今では、ほとんどの制作会社がスマホにも対応したホームページを制作していますが、追加オプションとして高額な請求をしてくるところも結構あります。ホームページの相場を把握して、ぼったくられないよう気をつけましょう。

5.全然更新されていない

「なんかみんな作っているから、うちもホームページ作っておくか」といった軽い気持ちで作ったは良いものの、活用の仕方が分からずに何年も放置されている。そんな作りっぱなしのホームページを良く見かけます。

ホームページを見たユーザーからすると、更新がされていなければ、会社がまだ存続しているのか不安になってしまいます。企業の安心感/信用を高めるためのホームページが、逆効果となり企業のイメージダウンに繋がってしまうのです。

対策

月に1回ホームページの情報を更新するのは難しいことではないと思いますが、ホームページに載せる情報を事前に考えておかなければ、「どんな情報を発信していけば良いのか分からない」「更新が面倒くさくなる」ような状況に陥ってしまいます。

すると、そのまま放置してしまう現象が発生します。

事前に「掲載するコンテンツのテーマ」と「記事を更新する担当者」と「更新を確認する管理者」を決めておくことで、ホームページを更新していく好循環を生み出しやすくなります。

また、どうしても面倒な場合は外注するという手もあります。ブログ記事なら、1記事1000円くらいで作ってくれる外注先があります。

6.企業イメージとデザインが合致していない

ホームページ上で企業イメージと別のイメージを顧客に植え付けてしまうと、実際に企業オフィスに訪れたり、商品やサービスに触れた時にガッカリされてしまうことが多いです。

「ホームページはスゴいおしゃれなのに、打ち合わせをした会社のオフィスは無機質で寂しかった」(取引先)
「高級感溢れる商品だと思って購入したら、実際の商品は質素な感じがした」(消費者)
「和気あいあいとしてる雰囲気かと思ったら、上下関係の厳しそうな会社だった」(就業者)

このような差があったら実物に触れた瞬間に、(それが悪いというわけではなくても)マイナスのイメージを抱かれてしまうと思います。ホームページが公開されている24時間365日ずっとユーザーの期待を裏切ってしまうことに繋がる情報を発信するのは良くありません。

対策

きちんと対面で打ち合わせをしてくれる制作会社を選びましょう。価格が安くても電話やメールで情報を交換するだけでは、見た目は良さそうなデザインは作れても、抽象的な企業イメージを表現することは難しいです。

また、ホームページ制作を依頼する際に企業イメージを制作者側に伝えることが大切です。もし提出されたデザインが企業イメージと合致していなければ、作り直しをお願いするべきです。

まとめ

企業がホームページを作る目的は、「事業の発展に役立てること」かと思います。しかし、ホームページはただ作るだけでは意味がなく、正しい方法で使いこなさなければ成果に繋がる可能性は低いです。

また、ユーザーに悪い印象を与えるホームページを制作してしまうと、インターネット上で悪い印象が広まってしまうこともあります。そうならないためにも、ホームページが「どうあるべきか」と「どうあってはいけないのか」の両面を知って活用していくことも大切になります。

今回挙げた残念なホームページの特徴は、当てはまっている方も多いのではないかと思います。もし当てはまってしまっているものがあるなら、その部分は直していくことをお勧めします。

この記事のタイトルとURLをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。

中小企業経営者様へ
デザイナーズダイレクト

現役Web制作者による発注者と制作者とユーザーのためのWebディレクションサービス

無料ダウンロード資料
HPリニューアルの成功法則

ホームページのリニューアルで失敗しないために何をすべきなのか?分かりやすく解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください