「記事内にコードを表示させたい」時に便利なWPプラグイン

記事内にコードを表示させるプラグイン

Webの勉強している方の多くが、ブログでソースコードを表示しています。

僕も様々なコードをいつも参考にさせていただいてますが、「自分でも覚え書きとしてブログにソースコードを公開」しようと思いました。

そこで、「他の方は何を使って記事にコードを埋め込んでいるんだろう?」と疑問に思うわけですが、多くの方が『Crayon Syntax Highlighter』というプラグインを利用してるようです。

見てみると、「あ、この仕様、色んなブログで見かけるなぁ。」と思うかと...(笑)

というわけで、「記事内にコードを公開したい。」と思ったら『Crayon Syntax Highlighter』をインストールしましょう。

記事内にソースコードを埋め込む方法

1.プラグインをインストールして有効化

プラグインを有効化すると、ビジュアルエディタの"テキスト"メニューにcrayonが追加されます。

2.記事作成時にcrayonを選択し、コードを入力

Crayon Syntax Highlighterをインストールした後のWordPressエディター

設定が色々とありますが、僕は「ツールバーを常に表示」にして、あとはデフォルトのまま利用しています。

3.コードを挿入し、表示を確認

記述したコードがどのように映っているかプレビューで見てみると、いい感じ表示されてる! 何だかたくさんコードを公開していきたくなりますねw

参考コード

まとめ

表示もきれいで非常に便利なプラグインですね。Web技術を公開していく予定の方は必ずインストールしておきたいプラグインの一つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA