【必須】Macbook Air/Proの「超」おすすめ便利アプリ8選

macbookのおすすめ便利アプリ

つい先日Macbook Proを購入したので、新しく設定などしているところです。面倒だけど新しいPCの設定は楽しいw

よく使うアプリもインストールするため、最低限必要な作業効率化のための便利アプリをついでにまとめておきました。

Macbook・Macbook Air・Macbook Proどのユーザーの方はぜひインストールしておきましょう。他に便利なアプリなどありましたら、ぜひ紹介してくれたら幸いです。

Macbook Air/Proのおすすめ便利アプリ8選

GoogleChrome

googlechrome

購入してすぐのMacはChromeが入っていないですが、SafariよりもChromeの方が使い慣れているし、拡張機能も便利なのでChromeが欲しいところです。

公式サイト:https://www.google.co.jp/chrome/browser/desktop/index.html

Chatwork

チャットワーク

ビジネスツールとして一般化したチャットワーク。クライアントとの連絡はもちろん、自身のクラウドメモとして活用するのにも便利です。

公式サイト:http://www.chatwork.com/ja/

Slack

https://slack.com/

最近になって使われるようになってきたチャットツールです。チャットワークの方が便利なイメージがありますが、コードの共有が便利なためIT関係者はSlackを使うことも多いです。

公式サイト:https://slack.com/

Skitch

Skitch

ダウンロードした画像やスクリーンショットの画像を加工するのに便利なアプリです。基本的にテキストの挿入・図を囲う・矢印を入れるといった簡単な作業しかしませんが、入れておくと色々と使いようがあります。

公式サイト:https://evernote.com/intl/jp/skitch/

Clipy

https://clipy-app.com/

【Command+C】でコピーした過去のデータを【Command+Shift+V】で参照してペーストできるアプリです。ペースト用にコピーしたデータを間違えて他のデータに上書きしてしまった時や複数のデータをまとめてコピペしたい時に重宝します。

公式サイト:https://clipy-app.com/

CotEditor

https://coteditor.com/

Macで使う軽量エディターとして多くの方が利用しているテキストエディタです。簡単なコードを書くことやメモ帳としても使い勝手が良かったりします。無料なので、入れておくのをおすすめします。

公式サイト:https://coteditor.com/

feedly

https://feedly.com/

普段はスマホで利用していますが、情報収集アプリとして重宝しているアプリです。個人的にはGunocyなどは古い情報やエンタメ情報が多くて余り好きじゃありません。気に入ったブログなどを登録しておいて最新情報を受け取りましょう。

公式サイト:https://feedly.com/

Evernote

https://evernote.com/intl/jp/

クラウド型のメモ帳として使っています。とはいえ、もう以前ほど使うことはなくなってきましたが…(笑)書いてる途中で記事は消えるし、無駄が多くて重かったんですよね。

公式サイト:https://evernote.com/intl/jp/

GoogleDrive

googledrive

ファイル共有アプリとして使っています。容量が大きくGoogleアカウントで使用できるので、使い勝手が良いです。

公式サイト:https://www.google.com/intl/ja_ALL/drive/

Dropbox

dropbox

GoogleDriveと同じくファイル共有アプリです。メインでは使っていませんが、クライアントとファイルを共有する際などに使っています。

公式サイト:https://www.dropbox.com/

Keynote

keynote

MicrosoftでいうPowerPoint。Macで資料作成を行う際に必須のアプリです。Microsoftのオフィスを入れることもできますが、Keynoteで済むのであれば特に入れる必要はないかと。

直感的な操作でデザイン性の高い資料が簡単に作れます。

公式サイト:http://www.apple.com/jp/keynote/

Numbers・Pages

numbers

Numbersは、MicrosoftでいうExcel。Pagesは、MicrosoftでいうWord。僕は普段、資料はなんでもKeynoteで作成してしまっているので、あまり使いません。

データ管理なども最近はスプレッドシートを使ってますが、一応入れておきます。

公式サイト:http://www.apple.com/jp/numbers/
公式サイト:http://www.apple.com/jp/pages/

まとめ

今では2万円程度でノートパソコンは買えますが、デザイン・スペック・機能性など考えるとハードに使う(毎日使う)場合は10数万円払ってもApple製品のパソコンがおすすめです。

Microsoftのパソコンは様々なメーカーから新製品が続々出ますがApple製品はオンリーワンです。画面はきれいだし起動も早い、直感的な使い勝手などもまだまだMicrosoft製品よりも優れています。

便利なアプリを活用することで作業効率化ができ、ストレスなく作業することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA