なぜ企業にホームページが必要なのか?その必要性を再確認してみる

企業からすれば、ホームページは「自社の情報をインターネット上に公開する道具」です。インターネット上で会社を宣伝するために活用していくのが、ホームページの主な使い道となります。

また、ホームページを閲覧するユーザーからすると、ホームページは「知りたい情報を得るための道具」です。インターネット上にある無数のホームページの中から知りたい情報に合致するページを検索し、知識欲を満たしたり、行動を起こす際の判断材料に役立てます。

例えば、気になった飲食店の情報を検索して、

  • どういった雰囲気のお店か
  • 価格帯はリーズナブルか
  • 提供する料理は美味しそうか

などを調べ、その上で気に入ったお店に足を運ぶ。(専用のアプリケーションやWebサービスが使われることも多いですが、掲載されている情報を確かめるために公式のホームページに訪れるユーザーが多いです。)

ほとんどの方は日常的にインターネットを活用してるはずなので、他にも様々な活用方法があるのが分かると思いますが、例としてこのような形でホームページが活用されています。

ホームページは情報を発信する側にも、受け取る側にもメリットがある

ホームページで情報を発信する側からすれば、「ホームページを通じて会社の情報を多くのユーザーに伝えることができる」というメリットがあります。広告であれば、発信できる情報量に制限がありますが、ホームページにはそれがありません。広告では伝えきれない情報も掲載するこができますし、費用も低く抑えられます。

また、ホームページを閲覧するユーザーからすれば、ホームページを通じて知りたい(役に立つ)情報を知ることができます。ユーザーは、抱えている問題や欲求や不安などを効果的に解決する情報を見つけ出すことで、生活をより豊かなものに変えていくのです。

ホームページは、情報を提供する企業にとっても情報を収集するユーザーにとってもメリットがあるのが分かると思います。それと同時に、ホームページで発信する情報には、「ホームページを閲覧してくれるユーザーに価値ある情報を提供すること」が求められることも分かると思います。

ホームページはなぜ必要なのか?

では、情報を伝える手段はたくさんあるにも関わらず、なぜホームページが必要なのでしょうか。

その理由は様々ありますが、最も大きな理由は、「仕事で関わりを持つ人達が、みんなインターネットを使って情報を収集するようになったから」です。

  • 融資や投資をしてくれる銀行員や投資家
  • 企業間取引を行う取引先
  • 商品やサービスを購入してくれる顧客
  • 会社に就職や転職を考えている就業/転職希望者(アルバイトを希望する方も)
  • 情報を広めてくれるメディアの方々

みんな日常的にニュースやお店の情報などをインターネットを通じて集めています。仕事で関わりを持った方々、特にあなたの会社に興味を持ってくれた方の多くは、あなたの会社のホームページを見ています。(ホームページが存在してなくても検索して調べられています。)取引先の企業情報を会社のホームページを調べてチェックすることはどなたも経験があると思います。

インターネットを使って情報を収集するようになって、企業の情報を知りたくてインターネットで検索しています。会社情報を調べられた時にホームページが出て来なかっり、嫌な印象を受けるホームページが出てきたらガッカリされてしまいます。

インターネット社会において、企業がホームページを持つことは必要不可欠なのです。

ホームページを持たないと言う選択肢はない

 

ホームページは低コストで制作することができ、一度作ってしまえば何年も使い続けることができます。その上、会社の情報をインターネット通じて多くのユーザーに届けることができます。

ホームページは、インターネット上にある会社の分身のような存在です。よほどの理由がなければ、ホームページを持たないデメリットの方が大きいはずです。

少し前まではホームページの閲覧はパソコンからが多かったですが、今ではスマートフォンからの閲覧が急激に増えています。スマートフォンの普及によってより多くの人が日常的に長時間インターネットを使うようになりました。ホームページを持たないということは、人々がインターネットと共に暮らす社会において「会社の情報を伝える機会を失う」ことを意味します。

ホームページにはいくつか最低限抑えておきたい条件がある

ただし、ホームページは「ただ作れば良い」というものではありません。全くユーザーが訪れなかったり、会社の情報を間違って伝えてしまうのであれば、ホームページはない方がマシです。

  • Googleなどで企業名を検索した時に、ホームページが検索結果に上位表示される
  • 企業情報がユーザー目線で分かりやすく記載されている
  • 正しい企業イメージを伝えている

これらはホームページを制作する際に必ず抑えておく必要があります。少し詳しく見ていきましょう。

Googleなどで企業名を検索した時に、ホームページが検索結果に上位表示される

検索エンジン

ホームページが存在しているのに、Yahoo!やGoogleといった検索エンジンの検索結果に表示されなければ、存在してないのと同じです。これではせっかく作ったホームページの価値が全くありません。

検索エンジン最適化(SEO)を行って、少なくとも企業名を検索したらホームページが検索結果のトップに出ること。そして、企業に関連するキーワードで検索された時にも検索結果の上位にホームページを表示させることで、自然と成果が生まれてくるホームページができてきます。

企業情報がユーザー目線で分かりやすく記載されている

ユーザー目線でホームページをデザインしよう

ホームページを閲覧してくれるユーザーにとって何が書いてあるのかよく分からない内容では企業に興味を持ってもらえません。自己満足の文章ではなく、ユーザー目線で理解できる内容にしましょう。

正しい企業イメージを伝えている

企業イメージを正しく伝えることが大切

企業イメージが現実のものとズレていると、間違った印象を顧客に与えてしまって誤解が生じてしまいます。それが企業のビジョンや魅せたいイメージであれば問題ありません。

ただ、高級感を出したいと思っているのに、質素に感じてしまわれたら元も子もありませんよね。悪印象を与えてしまって機会損失に繋がります。

ホームページを制作する際には、派手な演出の前に情報を伝える際の基本が大事なんです。

その上で、成果を出すこと

今回の記事で、企業にとって「ホームページはあった方が良い。」のは分かっていただけたと思います。さらに言うならば、「ホームページは成果が出た方が良い」ですよね。実際に企業の売上が伸びたり、事業の発展に役立たせたいところです。成果に繋がらなければ、ホームページを作ってもコストが無駄に終わるだけですから。

ATTRACTでは『世界一コスパの高いホームページ制作』をコンセプトに、「価格が安い、デザイン性が高い、成果に繋がる」3拍子揃ったホームページの制作を行っています。しかも、全国どこでも無料出張しております。

「そろそろホームページ新しく作ろうか。」そう思ったら、ぜひ一度ご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA