仮想通貨で億り人も夢じゃない!草コインとは?特徴・事例

仮想通貨で1億円も夢じゃない!草コインとは?特徴・事例

どうも、ぎしたか(@mrgishi)です。

仮想通貨で稼ぎたい!

仮想通貨バブルだと騒がれる中、まだ価格が高騰していない草コインに注目している人は多いのではないでしょうか。

今回は草コインとな何か?特徴と事例をまとめていきます。

草コインとは?

草コインは、仮想通貨の中でも特に無名なものを指します。明確な定義はないものの、日本では1コイン1円以下(高くても1ドル程度)の激安アルトコインを指すことが多いです。

英語ではshitcoin(直訳:うんこコイン)と言い、名前からしてバカにされているのが分かります。

本来は、以下のような価値のない仮想通貨の総称として使われます。

  • 開発が全然進んでいない
  • 技術的に新しい要素がない
  • 資金調達がしたいだけの詐欺コインである

*本記事では1コイン1円以下の仮想通貨を草コインとします。

人生ゲームで使われる紙切れみたいなものですが、そんな草コインは突如として何百倍・何万倍と価格上昇することもあるので、仮想通貨マニアは一攫千金を狙って投資をしています。

安いだけじゃない!草コインの特徴とは?

価格の安さだけで見られがちですが、草コインには他にも特徴があります。

  • 主要通貨と比較して価格が安い
  • 発行枚数が多い
  • 購入できる取引所が限られている
  • 取引量が少なく、値動きが激しい
  • マイナーな取引所で取り扱っている
  • 詐欺コインが多い

このことから草コインのメリットとデメリットが分かります。

メリット

  • 少額投資で多くのコインを購入できる
  • 選べる銘柄が多い
  • 短期間で稼ぐことができる(逆もしかり)
  • 数百倍・数万倍以上の価格上昇する可能性がある
  • 取引所が増えるだけで価格が上昇する
  • 分散投資がしやすい

デメリット

  • 長期保有は根気が必要
  • 取引所がいつ消えるか分からない
  • セキュリティ面で心配
  • 有望な銘柄を探すのが少し大変

ハイリスク・ハイリターンなようにも見えますが、数百倍の価格上昇の可能性を考えると、ギャンブル感覚でお小遣いの範囲で投資する分には、ローリスク・ハイリターンな気もします。

草コインドリームの秘密…

では、なぜ草コインで稼げるのか?その理由は主に以下の3つです。

  • 仮想通貨市場に流通する資金が急激に増えている
  • マイナーな通貨は購入できる取引所が限られている
  • 取引ボリュームがとても小さい
  • コインの流通枚数が限りなく多い

仮想通貨市場が成長している中、草コインを買える取引所は限られています。十分な買いが集まらないので、需給の関係から価格が低くなります。(多くの仮想通貨は発行枚数が決まっているため、供給は限られている)

ところが、有名な取引所に上場することで資金の流通量が格段に増え、簡単に10倍以上の価格になります。取引所が一つしかない段階で有望な仮想通貨を購入できれば、価格が上昇する可能性が高いです。

また、価格が異常に安いのは、発行枚数が尋常じゃないからでもあります。本当に初期の頃に購入できれば、1万円で1億コイン買えたりするので、1コイン1円まで値上がりするだけで億の利益が出ます。

1コイン0.0001円だったものが、1,000倍の0.1円。時には1万倍にもなる。それが草コインドリームです。

草コインに群がる守銭奴たち

コミュニティを覗いてみると、世界中の草コインホルダーの発言をみることができます。

そこでは技術的なことは一切語られず(そもそも知識のない素人ばかり)に、「私は◯枚持ってます」「今日はいくら上がった」「私はこれだけ儲かっている」「将来、◯円まで上昇するはずだ」「上がるの信じてガチホしましょう(上がったら売るけど、俺の前にお前ら売るなよ)」「人生かけてます」というお金の話ばかりが飛び交っていました。

要するに、草コインコミュニティは楽して儲けたい拝金主義者の集会であり、マイナスサムの世界でいつ誰がババ抜きをするかというライアーゲームを繰り広げているわけです。

あまり関わりたくないですね...(笑)

草コインの上昇率は未知数…

今ビットコインを購入したとして、この1年でどれだけの価格上昇を見込めるでしょうか。良くて10倍程度、下手したら元本割れする可能性も高いです。

ですが、草コインであれば、上手くいけば短期間で数十倍・数百倍のリターンを得られるかもしれません。ビットコインが初期の価格から3000万倍近くになっていることを考えると、本当に未知数です。

最近は草コインに夢見た若者や投資家が集まっているからか、日本の草コイン収集家たちがブログで紹介していたりするので、通貨名で検索すれば意外と引っかかります。

詐欺コインも多いので、必ず検索してどんな仮想通貨か調べてから投資するようにしましょう。(無名でも急激に上がることも良くあるので、一概には言えませんが…)

本当にあった!?草コイン事例紹介

実際にあった草コインの爆上げ事例を紹介していきます。

事例1:VERGE(XVG)

  • 2017年:1万円が1億円以上になった仮想通貨

2017年に1万倍の上昇をを記録した仮想通貨がVERGE(XVG)です。年初に1XVG=0.00000002ドルだった価格が年末には、0.227236ドルを記録しました。

年初に1万円分購入していれば、1億円になっていたわけですから、夢がありますよね。

事例2:RaiBlocks(XRB)

  • 2017/12/1~2018/1/2だけで約160倍の価格上昇

RaiBlocksは1ヶ月という短期間で、160倍もの価格上昇を成し遂げた仮想通貨です。もしRaiBlocksに100万円投資していたら、1ヶ月で億り人になれました。

2018年始めの仮想通貨バブル市場において、代表的な存在となっているものの、今後も上昇が期待できる通貨となっています。

事例3:StrongHands(SHND)

  • 1SHND≒0.00000850DOGE(2017/12/10)
  • 1SHND=0.00053199DOGE(2018/1/10)

*1DOGE=1円前後(変動する)

StrongHandsは保有枚数を競うネタ通貨(実用性は皆無)ではあるものの、短期間で60倍以上の値動きがありました。

事例4:Ripple・NEM

  • 2017年、Rippleは360倍・NEMは298倍

RippleやNEMは今では主要なアルトコインとして有名ですが、2017年初は全くの無名でした。まだ今後も上昇が期待できるので、2017年~2018年の上昇率を合算した場合、とんでもない数字になることが予想されます。

2017年初に1万円分購入していたら、少なくとも2020年になる頃には1億円に達していることでしょう。

草コインを購入できる取引所一覧

  • CoinExchange
    →草コイン取引所の中では最も使いやすく動作も安定している取引所
  • HitBTC
    →ICOした仮想通貨が真っ先に取り扱われることの多い取引所
  • Cryptopia
    →動作は不安定なものの、取り扱い銘柄が豊富でLTC建ての取引もできます
  • Yobit
    →管理人が不明が怪しい噂のあるハイリスクな取引所
  • LIVECOIN.NET
    →取り扱い銘柄の多い謎の取引所
  • Mercatox
    →欧州に強い仮想通貨取引所
  • Etherdelta
    →イーサリアム取引に特化した取引所
  • Stocks.exchange
    →たまにここでしか取り扱っていない仮想通貨のあるマイナー取引所

日本の取引所であれば20種類の銘柄を取り扱っていれば十分ですが、海外の取引所では100種類~500種類ほど取り扱っていたりします。中にはこれから日本でも取り扱いのあるような銘柄が隠れているので、そうなれば数百倍の価格上昇も夢じゃありません。

バイナンスは有名通貨も取り扱う世界最大の取引所であり、CoinExchangeHitBTCCryptopiaは草コインに特化した3大取引所として知られています。

ビットコインも元々は草コインだった!?

ビットコインの初値は、1BTC=0.07円だったと言われています。現在1BTC=200万円近くなので、2009年の始まりから9年かけて約2850万倍にもなりました。

このように、ビットコインでさえはじめはほとんど価値を持っていませんでした。なので、今からじゃ遅いということはありませんし、手持ちが少ないからといって稼げないわけでもありません。

今後普及しそうな銘柄を見つけることができれば、1万円が1億円になります。しかも、宝くじよりもずっと当たる可能性は高いですし、きちんと情報を追っていれば元本割れするリスクも極限まで減らすことができます。

補足:なぜこんなにも価格が急上昇するのか?

仮想通貨がなぜバブルとなっているのか?一言で言えば、「便利なのに普及していないから」です。

インターネットバブル(ドットコムバブル)の時もそうでした。「これは社会を変えるぞ!」と思われ、ネット関連会社の株価が大幅に値上がりしていきました。

バブルが弾けた時は株価が下がったものの、結果的には多くの企業が成長して社会を変えました。

インターネットバブルとの根本的な違いは、以下の3点です。

  • 一部の投資家ではなく世界中の人々が参加していること
  • 取り扱っているのは証券ではなく通貨であり、実用性があること
  • 将来、貨幣はなくなり、仮想通貨は存在し続けると考えられていること

仮想通貨は、経済の仕組みを根本から変えると考えられています。確かに、現在の仮想通貨市場はバブルに見えるかもしれませんが、それは単純に普及段階で投資が盛んだからであり、普及して流動性が高まれば自然と解決されます。

現在私たちがバブルであること以上に懸念すべきは、仮想通貨によって現行貨幣が相対的に価値をなくす可能性があることです。

現状、国内で流通するモノやサービスの相場は変動していません。

ですが、仮想通貨が普及していった場合、仮想通貨で富を築いた人とそうでない人とでは、莫大な資産差が生まれて金銭感覚が桁違いのものになるかもしれません。

日本人が円を持たなくなったら、どうなるでしょうか?

日本の貨幣価値は世界的にも安定しているので、「そんなことない」と思うかもしれませんが、世界では政情不安で国・経済がどうなるか心配している人々がたくさんいます。

そうした人たちは率先して仮想通貨を使用するようになるでしょう。そしてその連鎖が世界中に及べば…

流石に銀行が黙っていないと思うので可能性は低いですが、世界は変革の最中であるという認識は持っておいた方が良いかもしれません。

ただし、草コインの価格高騰のほとんどは仕手の仕業

ほとんどの草コインの価格高騰要因は、以下の3つであることは忘れてはいけません。

  • ビットコインなどの主要通貨で稼いだ法定通貨に交換できないマネーが流れている
  • パンプを狙った仕手グループの爆買い
  • 取引所や開発陣の自己買いによる価格操作

なお、草コインの取引はビットコインの価格に依存しているので、ビットコインの価格が崩壊したら草コインも崩壊します。

草コインは熱しやすく冷めやすい金属のような仮想通貨であり、その熱のほとんどは意図的に作られたものであることを忘れずに、熱狂を抑え冷静に余剰資金での取引をしましょう。

草コインドリームを夢見て…

私もいくつか草コインを購入してみています。何を買ったかはこちらをみてみてください。

2018年、おすすめの仮想通貨とその理由を全部公開する

2018.02.01

宝くじの1等当選確率は、1,000万分の1だと言われています。期待値的には、1枚300円で30億分買えば1等が当たる計算になります。

現在2000種類程度の仮想通貨があると言われていて、その中で草コインは1,000種類程度だとします。草コインをランダムで1万円分買って数年放置した場合、億を超えた資産になっている可能性はどれくらいでしょうか。

どう考えても仮想通貨の方に可能性・価値があるのではないかと思います。

宝くじを買って1等が当たる夢を見るくらいなら、仮想通貨で夢見た方が何万倍も面白いですよ。

初心者におすすめ!国内仮想通貨取引所TOP3

ビットコインやアルトコインをどこで買えば良いか分からない。そんな初心者の方は、まずは以下の取引所を利用するのがおすすめです。(海外取引所を使うためにも国内取引所の解説が必要だったりします。) ※取引所は様々なリスクを分散するためにも、複数登録を推奨します。

1.bitflyer(ビットフライヤー)

bitflyer
おすすめ度 ★★★★
ビットフライヤーは国内最大の取引所です。ビットコインの販売所価格や送金手数料がbitbankやZaifと比べて若干安いため、ビットコインを中心とした取引がしたい、海外取引所やICO購入時の送金用に使用するのに便利。

2.Zaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)
おすすめ度 ★★★★
ザイフは手数料が格安でここでしか取り扱っていない銘柄が豊富な取引所であり、サイト自体も無駄が少なく使いやすいので、初心者でも始めやすいです。積立投資がおすすめ。

3.bitbank(ビットバンク)

bitbank(ビットバンク)
おすすめ度 ★★★
ビットバンクは手数料が比較的安く、サイト自体も使いやすいです。リップル(XRP)を中心とした主要アルトコインを購入できるのですが、コインチェック問題後に人気が急上昇してきました。

本格派におすすめ!海外仮想通貨取引所TOP3

日本の取引所は規制が厳しく、購入できる仮想通貨が限られています。世界基準で仮想通貨を始めたいなら、以下の取引所がおすすめです。国内取引所よりも圧倒的に手数料が安く銘柄が豊富なのが特徴。海外取引所を利用すると全然違った景色が見えてきます。

1.Binance(バイナンス)

Binance(バイナンス)
おすすめ度 ★★★★★
海外取引所と言えばバイナンスです。海外取引所の中でも手数料が安く、銘柄が豊富であり、世界で最も人気で活発な仮想通貨取引所となっています。

2.Kucoin(クーコイン)

Kucoin(クーコイン)
おすすめ度 ★★★★
クーコインは、バイナンスを追い抜く勢いでユーザーが増加している取引所です。今後1,000銘柄以上の仮想通貨を取り扱う予定みたいなので、登録しておくことをおすすめします。

3.Kraken(クラーケン)

Kraken(クラーケン)
おすすめ度 ★★★★★
世界有数のセキュリティを誇るのがクラーケンです。取り扱い銘柄は少ないですが、レバレッジ取引もできて優秀な取引所。

草コイン専用のおすすめ仮想通貨取引所TOP3

少額から大きな利益を狙いたい方は草コインを購入したくなるはず。そんな方は以下の取引所がおすすめです。

1.Hitbtc

Hitbtc
おすすめ度 ★★★★★
ICO直後に上場する仮想通貨が多いことで有名なのがHitbtcであり、仮想通貨の登竜門的な存在です。ここへの上場を皮切りに市場価格が決まり、バイナンス等の様々な取引所に上場を果たしていくことで価格が高騰していくのが王道パターン。

2.CoinExchange(コインエクスチェンジ)

CoinExchange(コインエクスチェンジ)
おすすめ度 ★★★★
草コインを探していると間違いなく行き着くのがコインエクスチェンジです。500種類近くの仮想通貨を取り扱っていて選びたい放題。中には短期間で100倍以上の値をつける通貨もあることから、草コイナーに人気の取引所。

3.Cryptopia(クリプトピア)

Cryptopia(クリプトピア)
おすすめ度 ★★★★
クリプトピアは恐らく世界で最も取り扱い通貨が多い取引所ではあるものの、セキュリティ等に不安があります。とはいえ、Hitbtc、コインエクスチェンジと並び、3大草コイン取引所として名を馳せています。
この記事のタイトルとURLをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA