【WP】Facebook・Twitterの過去記事を自動投稿するプラグイン

Facebook・Twitterの過去記事を自動投稿するWordPressプラグイン

Webメディアを運営する時にソーシャルメディアの活用は必須と言われていますが、いちいちFacebookやTwitterに手動で投稿するのは面倒ですよね。

また、新たにSNS連携をするにあたって過去記事もPRしたいところですが、この投稿も面倒でやる気が起きません。

ですがWordPressなら、『Revive Old Post』というプラグインを使うことで過去記事を自動投稿してくれます。ちょっとした設定はありますが、非常に便利なのでぜひ使ってみてください。

プラグインURL:Revive Old Post
使い方の参考記事:『Revive Old Postの使い方:過去記事をTwitterに自動投稿するWPプラグイン

Revive Old Postのメリット

  • 投稿の時間間隔を設定可能
  • 一度に投稿する記事数を設定可能
  • 除外したい記事を指定可能
  • ハッシュタグの設定が可能
  • 投稿記事を編集可能
  • 過去記事の投稿を重複させないようにできる

主にTwitterで使用される方が多く、記事の多いWebメディアでは重宝するプラグインとなっています。このメリット一覧を見ればその便利さが良く分かるのではないでしょうか?

ポイント

Facebookと連携させる時に、App IDとSecret keyを要求されるのですが、この設定が若干面倒です。この記事では説明を省きますが、調べながら挑戦してください。

SNS連携は面倒だけどやるべき

Webメディアを運用する際にはフォロワーが少ないとしてもSNS連携をやるべきです。

その理由はSNSからアクセスが来るかもしれないからです。

SNSの連携をしておけば投稿は自動でやってくれるので、その他にやることはありません。(できればフォロワーを増やす施策や手動でコメントを付けた投稿をした方が良いですが...)

運営しているメディアへのアクセスを1つでも増やすための施策を根気よくやっていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA